Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

猫の瞑想-BLOG-

そんなこんなでやっとBLOGです。
<< 中欧の旅2006夏〜再びウィーンへ | main | チェーザレ 破壊の創造者(4) >>
中欧の旅2006夏〜ウィーン観光そして帰国
翌朝早い時間にまずはシェーンブルン宮殿へ。
いわずと知れたハプスブルク家の夏の宮殿です。
建物の前でおそろいの衣装で突然歌い始めたお年を召した男女のグループがあり、何かイベントかしら?と思ったら、宮殿の警備員だか係りの人に止められてしまうという一幕がありました。
え、勝手に歌い始めたってこと??

すでにかなりの観光客でしたが、さほど待たずに中に入ることができました。
シェーンブルン宮殿は2度目ですが、ミュージカル「エリザベート」を観た後では色々感慨深いものがありました。
フランツ・ヨーゼフ1世が早朝から執務していたことなど、涙を誘います。
部屋の装飾も華美なところはなく。
そういう人だったんだなぁ。

中庭ではお花が綺麗に咲いていて、宮殿と対峙して丘の上に建物が。
シェーンブルン宮殿
塔の部分は有料で上がれるようになっていましたが、パス。
小高い丘なので、宮殿のさらに向こうに教会の尖塔なども見えました。
それにしても夏と冬の宮殿が近すぎやしませんかね?

午後は中心に戻り、車を駐車して徒歩で観光。
ウィーン観光の目玉、王宮内のシシィ博物館へ行きました。
以前はなかった博物館で、シシィ人気を受けて作られたのかなと。
展示内容も彼女の人生や内面世界に焦点を当てており、とても興味深いものでした。

王宮を出ると土砂降りの雨!
走って近くの老舗カフェ、デーメルへ入りました。
ここで念願のザッハートルテをいただきました〜!
しかも店員さんに「ベスト・コンビネーション!」と勧められて私はホットチョコも。
甘甘ですけど、温まりました。

シュテファン寺院の裏にあるフィガロハウス、モーツァルト記念館はちょっと場所がわかりづらく迷いながらも辿り着きました。
改修されたばかりらしく、エントランスやエレベーターが妙に綺麗でした。
実際その家に住んでいたのは2,3年のようですが、楽譜や手紙や使用した家具などが展示されていました。
どうしても映画「アマデウス」のイメージが強いのですが、実際どんな人生だったのでしょうね。

今回の旅、後半は曇りがちで、ウィーン観光では雨にも降られましたが、どの街も美しく見所があって、できることならまた来たいと思わせてくれました。
初めてかつての東欧圏に足を踏み入れたわけで、最初はドキドキしていましたが、危険なこともなく満喫できました。
さて、次はどこに行こうかな。
| 中欧の旅2006 | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.poohneko.oops.jp/trackback/541799