Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

猫の瞑想-BLOG-

そんなこんなでやっとBLOGです。
<< ジーザス | main | 超・殺人事件 >>
中欧の旅2006夏〜ブダペスト到着
ようやくハンガリーです。
ハンガリーに入ると、道路標識がちょっとカラフルな電光掲示板になりました。
結構裕福なのかしら?
ブダペストには難なく着いたものの、街はドナウ川をはさんで王宮のあるブダ側と繁華街のあるペスト側に分かれており、予約したホテルはブダ側のドナウ川沿いだったのですが、期せずして橋を渡って繁華街の大通りに出てしまいました。
大通りは片道4車線くらいあり、なかなかUターンできません。
オットが苦労してなんとか有名なくさり橋を渡ってブダ側に戻ることができました。
お部屋は角部屋で大きな窓からドナウ川と対岸に美しい国会議事堂が見えました。
エキゾティック!
荷物を置いてさっそく観光へ、なのですが、その前に現地通貨を入手せねば。
ということで今度は徒歩でくさり橋を渡り、再びペスト側に行きました。
くさり橋
さてさて、お金をゲットして、せっかくペスト側にいるので、まずは聖イシュトヴァーン大聖堂に行きました。
聖イシュトヴァーン大聖堂
この大きさ、伝わるでしょうか?
下のほうに小さく人が写っているのですが、とにかく圧倒される大きさです。
イシュトヴァーンとは初代ハンガリー国王で、その右手が聖堂内に展示されています。
聖イシュトヴァーン大聖堂内部
内装も今まで見たことのないもので、赤茶っぽい大理石が印象的です。
アジアやイスラムの影響でしょうか。
ブダ側に戻る前にどうしても気になったものを。
ペスト側のくさり橋のたもとに「それ」はありました。
牛のオブジェ〜すいか編
| 中欧の旅2006 | 14:29 | comments(2) | trackbacks(0) |
ドナウ川を挟んでブダ側とペスト側に分かれているんですね。
ペスト側・・・
あまりいい気分じゃなさそうに聞こえるのはオイラだけでしょうか?w

それにしても最後の写真。
鮮やかな切り口(?)がとてもシュールです。

まるで、コスト削減・人件費低減を至上主義とする企業の
リストラ政策を前にかろうじて首が繋がっている会社員を
想像してしまいました・・・

言い方を変えれば。

離婚届を突き付けられそうな状況下にいる旦那さんのような。


まぁ どっちもオイラのことなんですけど(多分嘘w
| ぱんち | 2007/09/10 3:34 AM |
>ぱんちさん
お久しぶりで〜す!
あの首からそういう連想とは、相変わらずスリリングな日常(?)を送っておられるんですか?
まだまだシュールなモノがありますので、お楽しみに♪
| ぷう猫 | 2007/09/10 6:43 PM |









http://blog.poohneko.oops.jp/trackback/482708