Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

猫の瞑想-BLOG-

そんなこんなでやっとBLOGです。
民俗学ミステリー
蓮丈那智フィールドファイルを読み始めた。
北森鴻さんという作家の作品を初めて読むのだが、すでに亡くなっているとは…。
新刊を待つ楽しみがないというのはなんだか寂しいものだ。

それはさておき、民俗学というものには学問として触れたことがないが、扱う分野はとても興味深い。
割とマンガや小説で触れているという気がする。
続きを読むのが楽しみ。
| | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
烏(からす)に単(ひとえ)は似合わない
ちょっと不思議な平安朝の表紙に惹かれて買いました。
しかも帯には「この異世界ファンタジーは、あなたの予想をきっと裏切る――」と!
面白くて読み始めたら一気読みでした。
すでにこの異世界の続編(というか同時進行のお話)が出ているので、文庫化を楽しみに待ちます。
| | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
直木賞
鷺と雪
鷺と雪
北村 薫

北村薫さんが受賞だそうで、おめでとうございます!
「鷺と雪」――「街の灯」のシリーズのようですね。
文庫になるのを楽しみにしています。
| | 22:51 | comments(4) | trackbacks(0) |
からくりからくさ
からくりからくさ (新潮文庫)
からくりからくさ (新潮文庫)
梨木 香歩

前から気になっていた「西の魔女が死んだ」。
映画化されてますます気になり、読みました。
あっという間に読み終わってしまい、もう少しこの作者の作品に触れたくなり、次に手にしたのが「からくりからくさ」。
ネタばれになるので詳しくは言えませんが、途中何度もある図を描きたくなりました。(汗)
染物や織物といった、実生活では自分になじみのない世界で地に足をつけて生きている感じ。
なんというか、ヴァーチャルでデジタルな世界に身を置く自分とは正反対で、非常に憧れを感じました。
ないものねだりかな。
次は前日譚となる「りかさん」を読もうと思います。
| | 17:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
デカルトの密室
デカルトの密室 (新潮文庫 せ 9-6)
デカルトの密室 (新潮文庫 せ 9-6)
瀬名 秀明

消化不良です。
哲学にはとんと疎い私の理解力の問題もあるけど…。
扱ってるテーマはもう最高にワクワクするんだよねぇ〜。
人工知能、自我、知性、発達。
実はこの作家さんには過去の作品でも同じように感じてます。
「パラサイト・イブ」も「ブレイン・ヴァリー」も。
どちらもやはりアイデアと掴みはバッチリなのに、最後は収拾つかなくなってドッカン、みたいな。
惜しいなぁ〜、と思う。自分の理解力棚に上げて。
それでも最後まで読んじゃうんだけど。
次回作も読んじゃうんだけど。
| | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
チェーザレ 破壊の創造者(4)
11月22日発売。
| | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
超・殺人事件
超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫)
超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫)
東野圭吾

これ面白い!ひねり効きすぎ?
こういうメタの視点って、なかなか書けるもんじゃないと思う。
題材となってる推理小説に近い作品を実際出しているし、
素直に読めなくなるかも。
| | 16:33 | comments(4) | trackbacks(0) |
Q&A
Q&A
Q&A
恩田 陸

この著者の作品は何作か読んでいるが、期待させるだけ期待させ、盛り上げるだけ盛り上げて、カタルシスを与えない終わらせ方をするものが多い気がする。
「Q&A」もそうなのだが、これはこれで落とし前がついているような気もする。
質問と回答というダイアログで全編構成されていて、それだけでも脱帽だが、最初は推理モノかと思ったら途中で雲行きが怪しくなり、なんと恐ろしい話かと思うにつけ、これはホラーだと思い至る。
一気に読み通してしまった。
| | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
百万のマルコ
百万のマルコ
百万のマルコ
柳 広司

基本的に連作推理短編集が好きなので、そういう方にはお勧めです。
ちょっと論理クイズ的なところがあり、気負わずに読めます。
マルコ・ポーロというとコミックの「カラモランの大空」を思い出します。
どちらも東方見聞録から持ってきているであろうエピソードは同じなので、もしかしたらあのマルコが後年牢屋で語ったのかもと思ってしまいます。
| | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
チェーザレ 破壊の創造者(3)
4月23日発売。
| | 19:50 | comments(3) | trackbacks(0) |